男性の肌トラブル

男性は基本的に顔を洗いすぎている

最近は男性も化粧品を使う人が増えました。

その中で最も多いのが洗顔料と洗顔後のローションです。

洗顔料を使うと洗顔後の肌のツッパリなどがなくなりますから、一度洗顔料で洗顔すれば次から洗顔料を使うようになるのは当たり前です。

同じ理由で洗顔後のローションも普及しました。

男性は皮脂分泌が多いため洗顔が好きな人も多いようです。

特に夏の暑い日などに外回りから帰った後、普通に会社のトイレでバシャバシャと顔を洗ってしまう人もいます。

また汗をぬぐうときもしっかりこする人が多いようです。

そのため、肌トラブルがあっても気が付かない人もいます。

髭剃りは肌にはおおきな負担

一般的なサラリーマンの場合には毎日ひげをそります。

髭剃りは肌に大きな負担をかけます。

髭剃り跡が不快な男性は少なくありません。

もちろんローションを使い、お肌に優しいシェイバーを使っても肌には大きな負担になります。

髭剃り跡にニキビができてしまう男性は非常に多いのです。

中には、髭剃りが嫌で医療脱毛をする人もあります。

続きを読む →

女性の肌トラブルの最大の原因は乾燥

女性の肌の種類

普通肌は普通とはいうものの多数ではありません。
皮脂量が少なめで水分量が多い、肌理が整っていてお肌の表面には潤いがある、毛穴は比較的小さく目立たない、季節によって状態が変化するというお肌のことです。
一般的に言われる美肌です。

脂性肌は皮脂量も水分量も多くべたつきやすいお肌です。
肌理が整っていて潤いもあります。
ただし、皮脂量が多くて、毛穴が開いている、ニキビや吹き出物が出やすいお肌です。

乾燥肌は皮脂量も水分量も少ないお肌です。
肌理は荒れており、かさかさしていて艶のないお肌です。
バリア機能が低下しているため肌トラブルを起こしやすいのが特徴です。
混合肌は皮脂が多い割には水分が少なめでカサつくのにテカる面倒なお肌です。
肌トラブルが起こりやすいお肌です。

続きを読む →

子供の肌に薬はいらない?

子供のうちからのスキンケアがアトピーを予防する?

新生児が病院から退院してきたその日から家庭でのスキンケアが必要だといわれています。

入浴剤、入浴用のガーゼ、肌着などすべてがスキンケアの一環です。

特に子供のうちからあまりスキンケア剤を使うと肌が弱くなる、保湿剤を使うと保湿力が育たなくなるなどの言葉を真に受けないことが大切です。

保湿剤が保湿力を弱めるといったことは科学的に証明されていません。

一方で、子供のうちから正しい保湿をしているとアトピーを発症しにくいということは実証されています。

続きを読む →

子供のスキンケアの注意点

赤ちゃんは皮膚トラブルが多い

赤ちゃんの皮膚は薄く柔らかいためちょっとした刺激にも反応します。

湿疹、カブレのない赤ちゃんはまずいません。

しかし、赤ちゃんは言葉で不快感を訴えることはできません。

できるだけ痒くない、痛くないように注意してあげましょう。

続きを読む →

かぶれでおすすめの病院

かぶれとは

「かぶれ」は別名「接触皮膚炎」と呼ばれています。

もう少し突っ込んで説明すると、「かぶれ」は何らかの刺激物質が肌に接触することにより起こる炎症反応です。

症状としては赤みを帯び、ヒリヒリとした痛みやかゆみが引き起こされます。

人によっては水ぶくれが生じ、慢性化すると皮膚がゴワゴワしていきます。

「ただのかぶれ」と思われるでしょうが、症状が重くなると厄介です。

なるべく早目に、病院に行くことをおすすめします。

続きを読む →

赤ちゃんの肌トラブル

赤ちゃんの肌トラブル

赤ちゃんにも肌トラブルは起こります。
大人よりもずっとお肌はすべすべでトラブルが起こらないイメージがあるかもしれませんが、実際には大人よりも肌が薄く、バリア機能も弱くてトラブルが起きやすいのが実情です。
肌トラブルが起きないように十分注意が必要ですし、もしトラブルが起きたときは病院を受診するなどして治療することが大事です。
続きを読む →

子供の皮膚トラブル

子供の皮膚トラブル

子供にもいろいろな皮膚トラブルが起こります。
大人なら自分で病院に行って治療を受けたり、症状が軽ければあまり触らず、自然に治るのを待ったりできますが、子供の場合は自分で病院に行けるとは限りませんし、患部を触って症状を悪化させてしまうことも珍しくありません。
なにか皮膚トラブルが起きたときは気軽に病院を受診するといいでしょう。

湿疹

大人にも多いですが、子供にもよくある皮膚トラブルです。
お肌に赤いブツブツができるといった症状となりがちです。
生まれたばかりの赤ちゃんにこのトラブルが起こることもあります。
かゆみをともなうことも多く、子供がお肌を強くかいてしまうといったことも珍しくありません。
症状が悪化する前に病院を受診するといいでしょう。

アトピー性皮膚炎

大人にも多いお肌の慢性疾患ですね。
こちらも子供にも起こる症状で、赤ちゃんのころからこの病気だと診断される場合もあります。
慢性的にかゆみが続く症状となるため、病院で治療を受けて継続的にケアしていくことが大事です。

一見すると湿疹と症状が似ているため、見た目では区別が難しいことが多いです。
アトピーかどうかは病院で医師が診断する形となりますから、かゆみのあるブツブツや赤みが出るといった症状があれば病院を受診し、医師に診てもらいましょう。
もしアトピーと診断されたら以降はアトピーとして治療していくといいです。

あせも

多量の汗をかくことによりブツブツやかゆみの出る症状です。
子供は体が小さいですが汗腺の数は変わらないため、大人に比べると総じて汗っかきとなり、あせもができやすくなっています。
かいた汗をこまめにふき取る、室温を適切に調整するなどするといいですが、なかなか治らないときや子供があせもを強くかいてしまう場合など、早めに病院を受診するといいでしょう。

水いぼ

ウイルスが原因でできるイボです。
免疫がないと大人でもかかる場合がありますが、子供のころにこれを一度やっている方も多く、大人にはあまり多くない皮膚トラブルです。
しかし子供はまだ免疫を持っていないため、この水いぼを一度経験することが多いです。
体が免疫をつけると自然に治るのですが、それまでには時間がかかることもあり、皮膚科での処置により治療する場合も多いです。

気になる皮膚トラブルがあるときは

ご紹介したものは一部となり、ほかにも子供に起こる皮膚トラブルはあります。
なにか気になる症状が子供に起きているときは気軽に病院を受診してください。
受診先は皮膚科、小児科などとなります。

子供の肌荒れ

子供の肌荒れ

子供のお肌はつるつるでとてもきれいだとのイメージが強いかもしれませんが、子供のお肌が荒れることもあります。
原因はさまざまです。
空気の乾燥が原因でお肌も乾燥し、肌荒れしやすくなっている場合もありますし、汗のかきすぎが原因ということもあります。
子供は体が小さいですが汗腺の数は大人と変わらないため、小さい子供ほど総じて汗をかきやすい状態となります。
それが原因でかゆくなり、かいているうちに肌荒れするというケースもあります。
このほか、小さいころからアトピーなどの皮膚病があり、それが原因の肌荒れというケースもありますね。
原因はさまざまですが、子供でも肌荒れすることがありますから、もしそのような状態になればしっかりケアしていきましょう。
続きを読む →

赤ちゃんのアトピー

赤ちゃんのアトピー

アトピーは大人にとっても悩みになりやすい慢性疾患ですが、これは大人だけの病気ではありません。
生まれたばかりの赤ちゃんにさっそくアトピーが現れることもあります。
どんな症状になるかというと、お肌に湿疹や赤み、ときには腫れのような症状が現れるといったものです。
アトピーの症状の大きな特徴はかゆみですが、これも生じている可能性があります。
赤ちゃんは自分で体をかくといった動作がまだできず、言葉でそれを説明するといったこともまだできませんから、はっきりとはわからないものの、赤ちゃんがかゆがっているようなそぶりを見せているなら症状が出ている可能性があるのです。
そしてアトピーの場合、このような症状が慢性的に続くのが特徴です。
一度症状が落ち着いたように見えても、またしばらくすると何らかのきっかけで同じような症状が現れます。
世話をしている親御さんにとってかなり心配な症状となることも多いでしょう。
続きを読む →

乾燥肌のトラブルの診察

乾燥肌になると

お肌が乾燥しているという乾燥肌ですが、これになるといろいろなトラブルが起こります。
不快なトラブルが起こると仕事や勉強などにも支障が出ますから、気になるトラブルは早めに診察を受けるといいかもしれません。
一般皮膚科などに行くとこれら診察を受けられます。
続きを読む →