かぶれでおすすめの病院

かぶれとは

「かぶれ」は別名「接触皮膚炎」と呼ばれています。

もう少し突っ込んで説明すると、「かぶれ」は何らかの刺激物質が肌に接触することにより起こる炎症反応です。

症状としては赤みを帯び、ヒリヒリとした痛みやかゆみが引き起こされます。

人によっては水ぶくれが生じ、慢性化すると皮膚がゴワゴワしていきます。

「ただのかぶれ」と思われるでしょうが、症状が重くなると厄介です。

なるべく早目に、病院に行くことをおすすめします。

続きを読む →

赤ちゃんの肌トラブル

赤ちゃんの肌トラブル

赤ちゃんにも肌トラブルは起こります。
大人よりもずっとお肌はすべすべでトラブルが起こらないイメージがあるかもしれませんが、実際には大人よりも肌が薄く、バリア機能も弱くてトラブルが起きやすいのが実情です。
肌トラブルが起きないように十分注意が必要ですし、もしトラブルが起きたときは病院を受診するなどして治療することが大事です。
続きを読む →

子供の皮膚トラブル

子供の皮膚トラブル

子供にもいろいろな皮膚トラブルが起こります。
大人なら自分で病院に行って治療を受けたり、症状が軽ければあまり触らず、自然に治るのを待ったりできますが、子供の場合は自分で病院に行けるとは限りませんし、患部を触って症状を悪化させてしまうことも珍しくありません。
なにか皮膚トラブルが起きたときは気軽に病院を受診するといいでしょう。

湿疹

大人にも多いですが、子供にもよくある皮膚トラブルです。
お肌に赤いブツブツができるといった症状となりがちです。
生まれたばかりの赤ちゃんにこのトラブルが起こることもあります。
かゆみをともなうことも多く、子供がお肌を強くかいてしまうといったことも珍しくありません。
症状が悪化する前に病院を受診するといいでしょう。

アトピー性皮膚炎

大人にも多いお肌の慢性疾患ですね。
こちらも子供にも起こる症状で、赤ちゃんのころからこの病気だと診断される場合もあります。
慢性的にかゆみが続く症状となるため、病院で治療を受けて継続的にケアしていくことが大事です。

一見すると湿疹と症状が似ているため、見た目では区別が難しいことが多いです。
アトピーかどうかは病院で医師が診断する形となりますから、かゆみのあるブツブツや赤みが出るといった症状があれば病院を受診し、医師に診てもらいましょう。
もしアトピーと診断されたら以降はアトピーとして治療していくといいです。

あせも

多量の汗をかくことによりブツブツやかゆみの出る症状です。
子供は体が小さいですが汗腺の数は変わらないため、大人に比べると総じて汗っかきとなり、あせもができやすくなっています。
かいた汗をこまめにふき取る、室温を適切に調整するなどするといいですが、なかなか治らないときや子供があせもを強くかいてしまう場合など、早めに病院を受診するといいでしょう。

水いぼ

ウイルスが原因でできるイボです。
免疫がないと大人でもかかる場合がありますが、子供のころにこれを一度やっている方も多く、大人にはあまり多くない皮膚トラブルです。
しかし子供はまだ免疫を持っていないため、この水いぼを一度経験することが多いです。
体が免疫をつけると自然に治るのですが、それまでには時間がかかることもあり、皮膚科での処置により治療する場合も多いです。

気になる皮膚トラブルがあるときは

ご紹介したものは一部となり、ほかにも子供に起こる皮膚トラブルはあります。
なにか気になる症状が子供に起きているときは気軽に病院を受診してください。
受診先は皮膚科、小児科などとなります。

子供の肌荒れ

子供の肌荒れ

子供のお肌はつるつるでとてもきれいだとのイメージが強いかもしれませんが、子供のお肌が荒れることもあります。
原因はさまざまです。
空気の乾燥が原因でお肌も乾燥し、肌荒れしやすくなっている場合もありますし、汗のかきすぎが原因ということもあります。
子供は体が小さいですが汗腺の数は大人と変わらないため、小さい子供ほど総じて汗をかきやすい状態となります。
それが原因でかゆくなり、かいているうちに肌荒れするというケースもあります。
このほか、小さいころからアトピーなどの皮膚病があり、それが原因の肌荒れというケースもありますね。
原因はさまざまですが、子供でも肌荒れすることがありますから、もしそのような状態になればしっかりケアしていきましょう。
続きを読む →

赤ちゃんのアトピー

赤ちゃんのアトピー

アトピーは大人にとっても悩みになりやすい慢性疾患ですが、これは大人だけの病気ではありません。
生まれたばかりの赤ちゃんにさっそくアトピーが現れることもあります。
どんな症状になるかというと、お肌に湿疹や赤み、ときには腫れのような症状が現れるといったものです。
アトピーの症状の大きな特徴はかゆみですが、これも生じている可能性があります。
赤ちゃんは自分で体をかくといった動作がまだできず、言葉でそれを説明するといったこともまだできませんから、はっきりとはわからないものの、赤ちゃんがかゆがっているようなそぶりを見せているなら症状が出ている可能性があるのです。
そしてアトピーの場合、このような症状が慢性的に続くのが特徴です。
一度症状が落ち着いたように見えても、またしばらくすると何らかのきっかけで同じような症状が現れます。
世話をしている親御さんにとってかなり心配な症状となることも多いでしょう。
続きを読む →

乾燥肌のトラブルの診察

乾燥肌になると

お肌が乾燥しているという乾燥肌ですが、これになるといろいろなトラブルが起こります。
不快なトラブルが起こると仕事や勉強などにも支障が出ますから、気になるトラブルは早めに診察を受けるといいかもしれません。
一般皮膚科などに行くとこれら診察を受けられます。
続きを読む →

男性の肌トラブル

男性にもある肌トラブル

肌トラブルというと女性のお悩みだと思われがちですが、必ずしも女性限定のトラブルではありません。
男性でも肌トラブルが起きることはあります。
たとえばお肌が赤くなってかゆいというもの。
このような症状が出る原因は多くあり、日常生活を送る上で何らかの原因により、このような肌トラブルが起きることはあります。
続きを読む →

女性の肌トラブル

女性に起こる肌トラブル

美容に気を使う女性など肌トラブルに悩む機会も多いですよね。
日頃からトラブルが起きないようにスキンケアに気を使っても起こることがあるのが肌トラブルです。
どんなトラブルが起こるかはさまざまですが、アトピーに悩んでいる方もおられますし、肌荒れやニキビ、吹き出物といったことで悩んでいる方もよくおられます。
このような肌トラブルが起きたときはどう対処するのがいいでしょうか?
セルフケアももちろん大事ですが、肌トラブルで困っているときなど病院の受診もおすすめです。

まずその肌トラブルがアトピーといったお肌の病気に関係する場合、病院の受診は非常におすすめです。
アトピーは慢性化しやすいお肌の病気で、男女関係なく患者がいます。
肌トラブルに注意している女性にも起こることはあります。
適切な対処ができない状態が続いていると症状が悪化し、かゆみが強まる、患部にひどい湿疹ができる、患部が広がるといった症状の悪化が起こることもあるのです。

アトピーは病院で処方された薬を指示通りに使っていると症状が治まり、見た目にはアトピーだとはわからなくなる場合もあります。
肌トラブルなど起きていないきれいなお肌を目指している女性でアトピーを持っている方は、症状が出たときは早めに病院を受診するのがおすすめです。

病院で対処できるその他の肌トラブル

女性のお悩みになりやすいちょっとした肌トラブルの中には、アトピーのように病院で治療できるものもあります。
たとえばニキビです。
10代の女性に多いですが、成人以降も大人ニキビといった肌トラブルに悩まされている女性は珍しくありません。

この症状については実は病院で診察を受けられ、処方された薬を使うとすぐきれいに治ることもあります。
このほか乾燥肌や敏感肌、吹き出物といった肌トラブルも病院で治療できますから、これらちょっとした症状で悩んでいる女性は皮膚科の利用も考えてみるといいでしょう。

肌トラブルを女医に診てもらえる?

ご紹介したように女性によくある肌トラブルは病院で治療できるものもあるのですが、女性にとってお悩みになりやすいのが、これらトラブルが起きているお肌を男性医師には見られたくないというもの。
できれば女医に診てほしいという声もよく聞かれますが、そのような対応も可能です。
女性の患者が気軽に受診できるように、最近は男性院長のほかに女医が勤務しており、希望すれば女医による診察を受けられる病院もあります。
そのような皮膚科も探せば見つかりますから、症状によっては女性の肌トラブルの悩みを病院で相談するのもおすすめです。

子供の肌の薬

子供がアトピーになったときは肌の薬が必要になることも多いです。
それがないと症状が治まらず、強いかゆみに子供が苦しむことにもなりかねません。
また、アトピーのかゆみはかけば治まるものでなく、むしろかくことでよりかゆみが悪化することもあるのですが、子供は大人よりもかゆみを我慢できないことも多く、強くかいて症状が悪化することもよくあります。
続きを読む →

子供のスキンケア

子供がアトピーになっているとき、その子供のスキンケアも大事です。
これは子供だからというわけではなく、アトピー対策をするにはスキンケアが一般的に大事なのです。
これは子供でも同じですから、子供がもしアトピーになっているときは、親御さんの方でそのスキンケアをしっかりしていくことが大事ですね。
続きを読む →