自分の肌にあったアトピー治療を見つめるコツ

アトピー性皮膚炎で皮膚科に通っている人は約45万人以上いるとされていて、19歳以下の患者さんは36%。
20歳以上の患者さんが多いという統計データが出ています。
アトピー治療は自分に合った治療を受けないと症状が改善されていかないので、自分に合ったアトピー治療を見つける必要があります。
そこで、アトピー性皮膚炎はどんな病気なのか、どんな治療法があるのかについて見ていきたいと思います。

アトピー性皮膚炎はどんな病気?

アトピー性皮膚炎はかゆみや湿疹の症状がみられ、症状が軽くなったり重くなったりを繰り返してしまう病気です。
アトピー性皮膚炎は皮膚疾患の一つで、患者さんの多くが皮膚が乾燥しやすい体質を持っています。
今現在では20歳以下で約10人に1人がアトピー性皮膚炎だと言われていて、以前までは乳児や幼児の病気として知られていました。
というのも、この病気は大体2歳くらいで半分くらいの人が治り、10歳で半分の人の病気が治るとされていました。
これにより、18歳〜20歳までには症状が治る人が多くみられました。
しかし、最近ではいろいろな原因から、20歳を超えても症状が出続ける人が増加しています。

アトピー性皮膚炎はどうして起こる?

アトピー性皮膚炎は遺伝によるものが大きいとされていて、2歳までの場合は食物アレルギーとダニによるアレルギーで起こると言われています。
人によってはアトピー性皮膚炎を発症してしまう原因は異なり、悪化させる原因も違います。
この病気はかゆみや湿疹が出るだけの病気だと捉えている人もいますが、合併症を引き起こしてしまう危険性があり皮膚の感染症にかかりやすくなってしまうので注意しましょう。
こういったリスクを減らしていくには皮膚科でアトピー治療を受ける必要があり、効果的な治療法で症状を改善させ根治させられるようにしなければなりません。

皮膚科で受けられるもので自分に合う治療法を見つけよう!

アトピー治療は自分に合っている治療法でないと症状が改善されず、根治を目指すことは出来ません。
完治と根治は意味が全然違い、完治は再発してしまうリスクはあるが今現在は症状を抑えられているというもので、根治は病気を完璧に治すことが出来、再発する危険性がないものを表しています。
なので、アトピー治療を進めていく中で症状を抑えるようにすることは大事なのですが、根治を目指して治療することが大切になります。
皮膚科で受けられるアトピー治療はたくさん種類があり、いろいろな治療法を試して自分に最も合う治療を見つけるようにしましょう。

皮膚科で受けられるアトピー治療の種類

皮膚科で受けられるアトピー治療の種類は外用薬と内服薬、注射治療や温泉治療、食事治療などがあります。
主に、ステロイドが配合されている外用薬と、ステロイドが配合されていない外用薬によって治療をしながら様子を見ていくという形になります。
内服薬では即効性が高く、ステロイド外用薬のように大きな副作用を引き起こす危険性が少いという特徴があります。
しかし、眠気が起こる危険性が高いものもあるので、日常生活で使用するには注意が必要となります。
ステロイド外用薬には炎症を抑える効果しかないのですが、注射治療ではアトピー性皮膚炎や食物アレルギーや花粉症、喘息などのアレルギーに効果があると言われています。

一般的な治療方針としてはアトピー治療の一環で、プロアクティブ療法が行われていて症状の悪化を防ぎながら、徐々に薬の使用頻度を減らしていく治療により症状を改善させるという治療法を取っています。
どれが自分の肌や体質に合っているかは使用してみないと分からないので、皮膚科の医師の指導の下で治療を受けながら様子を見ていくのが適切だと思います。

皮膚科でアトピー治療を行いながら日常生活にも注意しよう。

アトピー性皮膚炎は薬だけで症状を抑えられるというものではなく、普段の食生活も大いに関わります。
食が欧米化に変わり始めてから急激にアトピー性皮膚炎の患者が増えたことで、こういった影響で症状が出る部分も大きいのではないかとされています。
アレルゲンとなる食べ物は極力食べないようにして、過剰な食事制限をしたりせず、ストレスを感じにくい環境を作ることが大切になります。
ストレスを強く感じてしまうとターンオーバーが乱れ、アトピーで荒れた肌を治せなくなるのでアトピーに直接効果がないものでも、皮膚の改善を目指していけるものは進んで行うようにしましょう。

このようにアトピー性皮膚炎で悩んでいる人は全国にたくさんいて、この病気により合併症を引き起こしてしまう人もたくさんいます。
合併症のリスクを軽減されるには皮膚科で効果的な治療を受けることが大切で、自分に合った治療法によりアトピー性皮膚炎を改善させていくことが重要になります。
皮膚科では様々な種類の治療法があるので、肌や体質に合わなかったとしても悲観的になる必要はありません。
色々な薬や治療法を試して自分に合った治療を見つけられるようにしましょう。